テレアポのトークのコツ

テレアポで話す際に重要なことは、「わかりやすく」、「心をこめて」話す事です。

テレアポでは、専門用語を使っても自己満足でしかなく、それが相手に伝わることはあ りません。これもポイントです。わかりやす い言葉で伝えることがまず肝心です。

そして、「心をこめて」というのは抽象的 な表現ですが、テレアポを作業として投げやにやると、それが相手に伝わり、アポを取ることはできません。 心がこもっていない、アポを取りたいと思っていないトークは、相手に気持ちは伝わりません。心のない言葉は相手には伝わらないのです。 電話は、顔が見えないむずかしいコミュニケーション手段なので、ゆっくり話して伝えることが重要なのです。 また、ほとんどのテレアポは早口でまくし立てます。「もしもし」と言った瞬間、すぐにテレアポだと相手にわかってしまいます。ところが、ゆっくり話しはじめると、いつものイ ヤなテレアポだと、瞬間的に悟られることはありません。

そして、統計的に相手は、約却秒間は話を聞いてくれるため、ゆっくり話して、最初の関門を突破するのです。

人間には感情があります。会社名だけで電話をすると、「会社」というイメージには人が 介在していないため、無機質に感じられて好感を持たれません。

テレアポの場合は、会社名と自分の名前でワンセットです。

名前だけだと「どちらの会社」と聞かれます。電話においては、会社名と自分の名前はワンセットなのです。

しかしテレアポでは、先に結論を言わなくてはなりません。なぜなら、はじめてかけた電 話で、そんなに長い時間、相手の方が付き合ってくれることはないからです。

まず、電話の目的を告げて、話を聞いてくれるかどうかを確認します。 場合によっては、ここで終わりというケースもあるので覚えて起きましょう。