ロールプレイによる検証

テレアポは、いきなりかけてみるのもいいですが、まず社内でロ ールプレイをしてみましょう。
一人がお客様、もう一人が営業マンになって擬似的に練習をしてみます。全てのパターン
を試してスクリプトに無理や無駄がないか、丁寧に確認します。
ここでも意外とたくさんの気づきがあります。作成したスクリプトは、まずロールプレイを行って確認をしてから活用するようにしています。

相手先の業種や業界、部門、役職などによってテレアポの最適な時間帯・曜日は大きく異
なります。また、相手先の業務には週間、月間、年間単位の仕事もありますので、それを意
識しましょう。例えば、人事部門などは新卒採用や新入社員受け入れ準備の二月から五月はとても忙しい
でしょうし、会計部門は決算時には猫の手も借りたいくらいの忙しさです。
また、キーマン(社長や人事部長)は、一般社員と比較してとても忙しいものです。どの
時間帯が適しているのかは、業界や部署によって変わってきますが、一般的には月曜日の朝 や月末、月初めはドタパタしていてキーマンがつかまりにくいものです。

Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です